最近話題のnodeパッケージ管理ツールyarnを使ってみる


技術の進化早すぎなJavaScript界隈ですが、また新しいツールが出たようです。

yarn

公式を見る限り、すげー早くてすげー安全ですげー信頼できるパッケージ管理マネージャっぽいです。

「はぁ、また新しい形式の設定ファイルの書き方を覚える必要があるのか… 」と触ってみる前は思っていたのですが、どうやらpackage.jsonを使うのでyarn特有の設定ファイルは必要ないっぽい。

確かに、npm installでbabelとか依存関係ありまくりのツールを入れようとすると結構遅い(待ち時間は集中力を奪う)ので、ちょっと試してみることにします。

インストール

MacならHomebrewで入ります。

brew install yarn

brewコマンド終了後、使っているシェルの設定ファイルに以下を追記し、シェルを再起動します。

export PATH="$PATH:`yarn global bin`"

コマンドで

yarn --version

を実行してバージョンが表示されれば、正しくインストールされています。

使ってみる

package.jsonを作る

npm initで今まで作っていたやつですが、yarnでは

yarn init

で作れます。

npm initと同じく対話型のQAにいくつか答えるだけでpackage.jsonの原型が作成されます。

依存モジュールを入れてみる

npm installで以下のように書いていたところを

npm install babel --save-dev

yarnでは以下のように書きます。

yarn add babel -D

※yarnコマンドとnpmコマンドの互換表が公式から提供されています。
詳しく知りたい方はこちら

これを実行するとnode_moduleにbabelとその依存関係にあるモジュールがインストールされます。

試してみるとわかりますが、 npm installよりもかなり早いです!

移行コストもあまりかからないようですし(これが設定ファイルを新しく書かなければならない、ということになれば使うのを躊躇しましたが、前述の通り新しい設定ファイルの記述は必要ありません)、これから積極的に使っていこうと思います。