BaaSの台頭によってサーバーサイドエンジニアの立場がやばくなりそう


まぁ、こういう記事を2016年に書いてる時点で「お前のアンテナ大丈夫?」って感じなんですけど。

年末とある勉強会に参加して、Parseっていうサービスの存在を知った。

まぁ簡単に言うと、「ただDBから値とってきてJSONにして返すだけのサーバーサイドなら自動化できる(後はクライアントサイドを作りこめばいい)」って感じ。

業務系SIerとしては、今やっと「Spring JPAっていいね!SQLを書かなくてもインタフェース継承するだけでDao書けちゃうわ(ちなみに現場はSpringJDBC)」って感じのところなんですけど、BaaSの存在を知って文字通りやばいと思ったというか。

今後こういうバックエンドを自動化するサービスが台頭していく中でサーバーサイドエンジニアは生き残り戦略を考えていかないといけないんだろうなぁ。私はフロントへ徐々に転向を考えていますが…

業界入る前は「なんとなくフロントのほうが競争激しそうだし先に自動化されそうだな」って思ってたけど、デバイスの多様化で逆にフロントのほうが人手での作りこみが必要になってきてるのかな?って今では思う。

スマホもそうだけど、今はやりのIoTとかでさらにデバイスが加速していきそうだし。

三日坊主やりましたが久々に記事を更新できたので満足。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です