「ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと」読了。


ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと」を読んだ。

「プログラマが知るべき97のこと」よりより抽象論が多かったが、どの著者も共通しているものの見方としては、「現実の状況を見据え、教科書的な解決策ではなく状況に最適な解決策を考えていく」「変化から目をそらすのではなくしっかり見据えていく」姿勢が文章中から感じられた。

How toではないけど、開発を進めていくうえで困難に出くわした時に立ち返りたい本だなぁ。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です