UNIXコマンドライン、超最低限覚えておくべきコマンド群(+vimの使い方)


コマンドは無数にあるけどこれだけは暗記しておいて後はgoogle先生に聞けばなんとかなる

cd 対象ディレクトリ
対象のディレクトリに入る。ディレクトリ名の先頭だけ書いてtabキー押すと自動補完が効いてラク

ls
今いるディレクトリのファイル一覧を見たい時につかう。ls -al だともっと詳しいのがでる。

mkdir ディレクトリ名
ディレクトリを作成

rm -rf ディレクトリorファイル名
ディレクトリ、ファイルを削除。

chmod 777 対象ファイル
なんかのファイルを実行しようとして「permission denied」みたいな怒られ方したら使う

sudo 実行したいコマンド
スーパーユーザー権限でコマンドを実行する。前述のrmと合わせて
sudo rm -rf /
はダメ、絶対。

vimtutor
後述するvimのチュートリアルが開ける。vimでの作業効率を高めるため、始業時間前や寝る前などに10分ほど実行する。

vi ファイル名
対象ファイルをvimで開く。対象ファイルが存在しなければ新しく作成されてvimが起動する。

超簡単vim操作
これだけ覚えとけば一応windowsのメモ帳程度の操作はできるので詰まない。

  • iキー 編集モードに移行する。これで文字を普通に入力できる
  • Escキー 編集モードからコマンドモードに戻る
  • コマンドモードで:w 変更を保存して終了
  • コマンドモードで:q 終了
  • コマンドモードで:q! 変更を破棄して終了

高機能なvimの操作を100%引き出したいならここからvimtutorでコマンドをコツコツ拾っていけばOK。

極めることももちろん大事ですが、「6割、7割でいいから神速でポイントをおさえる」ことも重要だと思うので。

ちなみに私は初心者のころvimをうっかり起動してしまい終了のやり方がわからずPCを再起動したクチです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です