Kindle Unlimitedで読めるJava入門者向けの技術書5冊+1冊


月額980円、初月無料で、電子書籍読み放題のサービス Kindle UnlimitedがAmazonからリリースされました。

道具にお金を惜しんではいけないというのが私の基本スタンスですが、技術書も例外ではありません。大体月3万前後技術書の購入に費やしています。

しかし、抑えることが可能な投資は抑えたいというのも本音ですし、特に学生さんや新卒のエンジニアの方など、それほど投資額を大きくできない方も多いのではないでしょうか。

Kindle Unlimitedが対応している電子書籍の数は10万冊以上で、プログラミングの技術書も対象となっています。技術書は一般の書籍に比べて高額な傾向がありましたが、このサービスで読み放題になっているのは嬉しいですね。

というわけで、今回はKindle Unlimitedで読めるJava入門者向けの書籍5冊+読み放題ではないが、お買い得となっている1冊を紹介します。

基本書系

1.Javaの絵本

2002年12月の刊行後、読者から「今まで読んだ初心者向けの本の中で一番わかりやすい」「絵で見ると、とても自然にイメージできる」などの感想が寄せられ、大好評の『Javaの絵本』が、増補改訂版としてパワーアップします! Java環境最新バージョンのJ2SE 5.0に対応した解説を大幅加筆! またインストールについてはJ2SE 1.4.1と5.0を併載するので、安定バージョンで勉強したい人も最新バージョンについて知りたい人も両方満足できる内容です。
本書は、Java言語をこれから学ぶ方はもちろん、一度は挑戦したけれど挫折してしまったという方や、文法を知らずにプログラミングをはじめた始めたけれど改めて基本を確認したいという方にもお勧めします。

2.ちゃんと使える力を身につける Javaプログラミング入門

Javaの難しい概念がちゃんとわかる!

本書は、Javaを学習する上で根底となる、基礎固めをするための入門書です。NetBeansを使って、短いプログラミングをしながら、Javaの基礎を学習します。Java 8対応。

3.スラスラわかるJava

初めてプログラミングを学ぶ人を対象にした「スラスラわかる」シリーズの新刊です。本書では、「プログラミングやJava関連の知識はゼロ」という状態から、Java言語・プログラミングの基礎知識や作法、基本構文、基本テクニックなどを無理なく習得し、かつプログラムが自力で作れるようになるところまで、しっかりとフォローします。豊富なイラスト・図解と丁寧な解説・サンプルプログラムで、Java/Androidアプリ開発で必要なJava言語の基礎をしっかり身につけることができます。Javaの基礎固めをしたい方、Androidアプリを作りたいけれどJava言語がわからないという方はもちろんのこと、ほかの入門書で挫折した方やプログラミングに苦手意識を持っている方にもおすすめの1冊です。

Javaをイチから始める人向け。文法の基本や言語仕様などが詳細に解説されています。

初学者の方はこちらの3冊の中から1冊選んで2〜3周してみて基礎を定着させるのがオススメです。

必ず自分でコードを書いて手を動かしながら取り組むのが、上達速度を高めるコツです。

Android開発

4.JavaからはじめようAndroidプログラミング―Android Studio対応版

本書は、プログラミングの初心者を対象に、段階的にステップアップしながら、Androidプログラミングのための基礎知識をしっかりと学んでいくための学習書です。好評だった前作『かんたん7ステップ JavaからはじめようAndroidプログラミング』の改訂版として、最新版のSDKや、Androidの新しい開発環境である「Android Studio」に対応させました! Javaを知らない人でも無理なく読み進められ、Android用の簡単なアプリケーションが開発できるような構成になっています。

スマホファースト時代が到来し、Webサービス開発に今やAndroid開発の要素は欠かせないものとなりました。

フリーランスとして案件を探していても、Android開発の案件は件数・単価ともに増大している印象を受けます。

GUIアプリケーション開発

5.創るJava NetBeansでつくって学ぶJava GUI & Webアプリケーション [改訂第3版]

プログラムを「創り」ながら学ぶ、Javaの学習書です。解説には、Sun Microsystemsが支援する統合開発環境「NetBeans」を使用し、GUI環境でサンプルを作りながら学習できます。また、必須の技術でありながらこれまでは個々の書籍で途切れ途切れの学習を強いられてきた基本API/データベース/JSP/サーブレットといった技術を、一貫して学習できるようになっています。なかなか溝が埋まらない、「Javaを理解する」から「Javaで創る」への橋渡しとなる書籍です。

Javaでは、標準ライブラリでGUIアプリケーションを開発することができます。

「write once,run anywhere.」の思想の通り、Javaで開発したアプリケーションはJavaの実行環境があればOSに関係なく動かすことが出来ます。

また、同じくOSに関係なく、ブラウザさえあれば使うことができるWebアプリケーションもJavaを使って開発することが出来ます。

入門書で文法の基礎を覚えた後は、これを使って実際にアプリケーションを作ってみましょう。

[中級者〜向け]レガシーJavaから最新のJavaをキャッチアップしたい人に

6.Javaプログラマーなら習得しておきたい Java SE 8 実践プログラミング

本書は、従来のJavaを知っているプログラマーを対象にしており、Javaの初歩には触れていません。Java 8の数多くの新機能を中心に解説するほか、Java 7で追加された機能も説明しています。Java 8では、ラムダ式やコレクションをはじめ、プログラミング言語やライブラリの機能が大幅に追加・更新されています。本書により、Javaの新機能を楽しみ、Javaプログラマーとしてさらなる高みに踏み込んでいきましょう。

2016/8/5時点では、kindle unlimitedの対象とはなっていませんが、70%OFFでお買い得となっています。

Java8でラムダ式が導入され、繰り返し処理などのコーディングスタイルが大きく変わりました。

今までfor文を書いていた箇所がほとんどストリームで置換可能となります。

未だにJava1.4やJava1.6などを使用する現場は多いですが、そのような現場で働いてきたエンジニアの方が、Java1.8の機能をキャッチアップするのに最適な技術書です。

 

この他にも、英語が読める方であればJava関連の洋書でKindle Unlimited対応のものがたくさんあります。(日本語の書籍より、洋書のほうが対応書籍が多い感じでした。)

Spring関連の書籍はまだKindle Unlimitedに対応していないのが残念なところではありますが、今後のKindle Unlimitedの拡大に期待したいところですね。

 


1 件のコメント

  1. ピンバック: Kindle Unlimitedで読めるフロントエンド入門者向けの技術書5冊+1冊 | Permanent Til

コメントは受け付けていません。