VueのWebpack環境を作ろうとしていたらすでにあったという話


公式からvue-cliというものが出ています。

インストール

npm install -g vue-cli

環境作成

vue init webpack my-project
cd my-project
npm install
npm run dev

これでVue-Webpackの雛形が作成されます。

VueはシンプルなMVVMフレームワークなので、jQueryと併用しやすいのがメリットだと思っています。

業務システム系ではまだまだjQueryが多いのですが、過去の資産を活かしつつこれから書くコードは今流行のコンポーネント指向で書きたいんじゃあ!って人は導入を検討してみてはいかがでしょうか。