投資

コロナウイルスのせいで投資信託が一週間で20万溶けました。


おはぎゃあこんにちは、yukito ohiraです。

2019年終わりまでは世界経済はかなり順調だったのですが、先日、コロナウイルスの不安により日経、世界経済ともに暴落しました。

日経平均はいっときは23000円を割り込むまで落ち込ましたが、個人資産の9割を投資信託で持っていた自分には...

 

その損失額なんと一週間で20万円。

こういったとき、インデックス投資戦略ならどうする?

寝る

短期の下げに対してインデックス投資家ができることはありません。

なので株価を忘れて寝ましょう。

なお、一部の調査結果では「インデックス投資で最もパフォーマンスが高かったのは、まず死んでいる人、次に運用していることを忘れている人」という結果が出ているそうです。

嵐はいずれ去ることを信じて寝ましょう。

仕事に集中する

短期の下げに対してインデックス投資家ができることはありません。

ほとんどの人は本業を持っていると思いますが、株価を忘れて仕事に集中しましょう。

良い食事と適度な運動

短期の下げに対してインデックス投資家ができることはありません。

良い食事と適度な運動で身体を健康に保ちましょう。

暴落しているときに相場儲ける方法ってないの?

一応あります。が、リスクが大きいです。

空売りをしかける

株や日経平均先物の空売り(売りから入って、後から買い戻す)を行えば暴落相場で利益を得ることができます。

「高く売って、安く買い戻す」という方法です。

ただし、下がるはずと思って空売りをしかけた後に逆に株価が上がってしまった場合、高く買い戻さないといけないので損をします。

チャートの見極めというトレーダーのスキルが要求されます。

株価変動の逆に動くインバース投資信託を買う

株価変動の逆に動く投資信託なんてあるのでしょうか。

あります。インバース投資信託がそれです。

インバース(Inverse) とは「逆の、反対の」という意味で、上場投資信託は特定の指標に連動することを目指して運用され、上場されている投資信託(ETF)を指し、インバース型ETFとも呼ばれます。
インバース型上場投資信託が連動を目指す指標は、 原指標の日々の騰落率のマイナス○倍となるよう計算された指標です。例えば、日経平均株価の日々の騰落率の-2倍となるよう計算された指標である「日経平均ダブルインバース・インデックス」に連動することを目指すインバース型上場投資信託では、株価が下がったときにより大きな利益が得られます。先物・オプション取引などを活用して、対象とする指数の逆の値動きの2倍の収益を目指すので、投機的な短期売買を行うのに適しています。(引用: インバース型上場投資信託│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券

ただし、これも「投機的な短期売買を行うのに適している」投資信託商品であり、長期投資には全く向いていません。

株価が下がるほどインバースの値段は上がるわけですから、日経平均が高くなればなるほどインバースの値段は下がって損失を出します。

これを長期で持つということは「日本経済の壊滅に賭ける」ポジションを取っている、ということになります。

いずれの場合も短期的利益を取る方法であり、長期投資のインデックス投資にはそぐわない

暴落時に儲ける手法の2つとして「空売り」「インバース投資信託の買い」を挙げましたが、いずれも短期的利益を取る手法です。

長期的にインデックスを保有する本質は

  • 世界の経済は波こそあれ、必ず良くなっていく方向に動く
  • 世界は前よりも良くなり続けるのだから、売却するタイミングなど無い。永久保有。
  • 世界全てに分散投資して不確実性を殺す

であると思っていて、空売りやインバース投資信託は全く逆の発想になります。

なので、あなたがもしインデックス投資を志すのであれば、余計なことをせず株のことは忘れて今日も寝ましょう。

インデックス投資戦略なら絶対にやってはならないこと

あわてて損切り

短期の暴落で狼狽して投信を手放すのは最もやってはいけない行為の一つです。

高く買って安く売って手数料も払う。もしNISAやつみたてNISAを利用していたら、売ったところの枠は再補填されませんから、貴重な非課税枠を無駄にしてしまいます。

ちなみに私は怒りの追加投資(ナンピン)をしました。これもドルコスト平均法のセオリー(毎月定額を積み立てる)から外れているのであまり良い方法ではありません。。。

忘れて寝ましょう。

まとめ

  • 短期の値動きで大損をこくことはインデックス投資家には避けて通れない道
  • それでも世界全体は成長するんだという前提を持って分散投資し続けよう
  • 暴落相場で仕掛ける方法もあるが基本的には投機
  • 世界が成長するなら株価もいずれ戻るので、損切も基本なし。NISA枠は有効に活用しましょう。

関連記事

2019年の投資信託の運用成績はこちら

Permanent Til
 
NISA口座で4年間投資信託を買い続けてみた結果
https://permanent-til-me.ssl-netowl.jp/archives/2942
2019年、不景気が来ると散々言われていましたが結果的には日経平均も23500を伺う攻防、なかなか悪くない相場だったように思います。さて、私も数年前から「ちょっとやってみようかな」的なので始めたNISA投資が今年4年目。2,3,4年目は枠を使い切ってしまったので、結...

関連書籍

インデックス投資をしてみようかな...という方には「インデックス投資は勝者のゲーム」を是非一読することをおすすめします。

市場に勝つのはインデックスファンドだけ!
勝者への道はインデクスファンドを買い、永遠に持つこと! !
改訂された「投資のバイブル」に絶賛の嵐!

本書は、市場に関する知恵を伝える一級の手引書である。もはや伝説となった投資信託のパイオニアであるジョン・C・ボーグルが、投資からより多くの果実を得る方法を明らかにしている。つまり、コストの低いインデックスファンドだ。ボーグルは、長期にわたって富を蓄積するため、もっとも簡単かつ効果的な投資戦略を教えてくれている。その戦略とは、S&P500のような広範な株式市場のインデックスに連動する投資信託を、極めて低いコストで取得し、保有し続けるということである。
本書の第1版が出版された2007年4月以降、ひとたび下落した株式市場が、その後、上昇を続けるなか、ボーグルの運用方針は投資家に成果をもたらし続けている。今回の記念すべき改訂版第10版では、データが更新され、新たな情報も盛り込まれた。また、ボーグルはアセットアロケーションと退職後の投資に関する2章を新たに設けたが、初版からの一貫した長期的視点に変わりはない。

インデックスファンドに特化したポートフォリオこそが、株式市場のリターンから公平な分け前を効率的かつ確実に獲得する唯一の投資戦略である。この戦略はウォーレン・バフェットも支持するもので、彼はボーグルについて次のように語っている。「アメリカの投資家にもっとも貢献した人物を称えるための像を建てるとしたら、ジョン・ボーグルが選ばれることは疑いのないことだ。ボーグルは数十年にわたり、コストの極めて安いインデックスファンドに投資するよう投資家たちに呼びかけてきた。そして、今日、何百万もの投資家たちに貯金するよりもはるかに大きなリターンを獲得できることを知らしめたことを知れば、彼も満足するであろう。ボーグルは彼らの英雄であり、そして私にとっても英雄なのだ」

この最新版でも、これまでの版と同様、将来の財政的基盤を構築するための堅実な戦略を提示している。

●個別株やファンドの選択、またはセクターローテーションに伴うリスクを避けながら、広く分散された低コストのポートフォリオを構築する
●流行や派手な売り込みに流されることなく、現実世界で有効なものに集中する
●向こう10年での株式のリターンに対する期待を合理的なものにするために、株式のリターンは3つの源泉(配当利回り、利益成長、市場によるバリュエーションの変化)からもたらされることを理解する
●長期的には事業の実態が市場の期待を凌駕することを認識する
●コストが積み上げるのを避けながら、複利というマジックを操る術を学ぶ

インデックス運用を行えば、居ながらにして市場が働いてくれるのであるが、夢中になって株式を売買することで、勝者のゲームを敗者のゲームとしてしまう投資家があまりに多い。本書は、財政的な将来を築くための堅実な手引書である。


-投資

© 2020 Permanent Til Powered by AFFINGER5